SEOに最適なページタイトル(タイトルタグ)の作り方

タイトルタグについて作成方法
タイトルタグについて作成方法
タイトルタグについて作成方法

優れたページタイトル(タイトルタグ)SEO対策済みタイトルを作成することは、SEOを行うすべての人にとって不可欠なスキルです。なぜでしょう? タイトルタグは、ユーザーが検索結果で最初に目にする可能性があり、Googleがページのトピックを決定するために使用する最も重要な要素の1つでもあるためです。SEOに欠かせないのがタイトルの書き方です! この記事では、優れたページタイトルとSEO的にタイトルが必要な理由と、その作成方法について説明します。

SEOページタイトルとは?

基本から始めましょう。 ページのソース (ページを右クリックし、[ページのソースを表示] を選択) を見ると、head セクションにタイトルが表示されます。 次のようになります。

<title>SEO対策のプロフェッショナル | SEO対策は実績豊富な弊社にお任せください。</title>

これは、SEO タイトルとも呼ばれる HTML タイトル タグです。 検索エンジンで何かを調べると、結果のリストがスニペットとして表示されます。 見出しらしき部分がSEOタイトルです。 通常、SEO タイトルには投稿のタイトルが含まれますが、サイト名などの他の要素を含めることもできます。

SEO対策ならSEOコンサルティンググループのSPL|SEOに最適なページタイトル(タイトルタグ)の作り方
google検索結果の例

上記画像の黄色の枠で囲まれている部分がタイトルタグ内に記入したものが反映される部分です。

ほとんどの場合、 ユーザーがGoogleなどの検索エンジンで検索を行いサイトにアクセスする前に、最初に目にするのは SEOタイトルです。 タブ付きブラウザでは、通常、下の画像に示すように、ページタブにSEOタイトルが表示されます。

ブラウザータブのSEOタイトル
ブラウザータブのSEOタイトル

投稿タイトルとは?SEOタイトルとどう違うの?

記事のタイトル (見出しとも呼ばれる) は、ページのメインの見出し (H1タグ) です。 他のドキュメントのタイトルと同様に、それは読者や訪問者にその記事が何について議論されているかのトピックを示します。何よりもまず、投稿のタイトルはユーザーのために存在します。 あなたが何について書いているのかを理解するのに役立ち、ページに構造を追加することができます。(※サイト構造について詳しく知りたい方は サイト構造とは何ですか? なぜ重要なの? をお読みください。)

一つ気を付けなければならないことは、SEOのタイトルと投稿のタイトルを混同しないでください。これはSEO対策を行う上でよくみられるミスです。
SEOタイトルは、検索結果に表示されるものです。投稿のタイトルは、ユーザーがSEOタイトルをクリックしてページ自体に移動した後に表示されるものです
似ているようで全く違うものなのでそこは区別していくようにしましょう。

タイトルタグの目的は何ですか?

タイトルタグの目的は、 検索エンジンからアクセスしてくるユーザーにクリックしてもらい、ウェブサイトにアクセスして投稿を読んでもらい、商品を購入またはサービスに興味を持ってもらうために設定します。 タイトルタグの文言が十分でない場合、人々はそれを無視して他の競合他社に流れていきます。 基本的に、タイトルタグ設定で達成すべき 2つの目標があると考えてください。

  1. 狙っているキーワードの検索エンジン上で上位表示に役立つ必要があります。(SEO対策のため)
  2. ユーザーがクリックしてページにアクセスしたくなるようにする必要があります。(コンバージョン、サイトへの誘導のため)

Google は、特定のキーワードとの関連性を判断する際に、さまざまなシグナルを使用しアルゴリズムに沿って順位付けをします。 運よく最初はランキングが高くても、結果をクリックする人がいないと、ランキングは時間の経過とともに低下する可能性があります。その逆もまたあります。 最初は、検索結果の下位に表示されていたとしても、あなたのタイトルが人々にクリックされると、Googleはそれに気づきます。 その結果、時間の経過とともにランキングが向上する可能性があります。

また、前述のように、Googleはタイトルタグとして指定されたものをランキングを決めるための一つの要素として使用します。 したがって、クリック数だけではなく 、ページで議論されているトピックと注目しているキーワードをタイトルに反映させる必要があります。 使用したタイトルタグは、ランキングに直接影響します。

何点か特に気を付けることは、タイトルの幅(文章の長さ)と、狙いたいキーワードを自然に入れることができているかです。 投稿のタイトル (H1見出しタグ) が空でないことを確認することも重要です。一番ダメなのはこの重要な部分に何も設定せず空にすることです。これだけは忘れず入れるようにしましょう。

最適な長さのタイトルタグの書き方

タイトルタグの長さが適切でない場合、Googleの検索結果でタイトルの全部が表示されず一部が切り取られることがあります。使用しているデバイスによって、検索結果の見え方が異なる場合があります。 モバイルとPCでの見え方の違いを確かめる際はブラウザのデベロッパーツールを使うと便利です。またそれに特化したプレビューツールも世の中にはたくさんありますので自分に合うツールを探してみてください。
Google では文字数でカウントせずピクセル単位でカウントされるタイトルの固定幅を使用しています。 タイトルタグは長くても制限はありませんが、検索結果に表示される文字数には制限があります。タイトルが長すぎる場合、Googleは視覚的にそれを切り取ります。Googleは文章を気にせず強制的に切り取り短くするので途中で切られたことで何のページかユーザーが分からなくなる場合があるので長さには気を付けましょう。 また、タイトルを短くしすぎて貴重なスペースを無駄にしないようにする必要があります。せっかくユーザーを誘導するためにGoogleが提供してくれるスペースなので有効活用しましょう。それだけではなくタイトルタグにはさまざまな種類があります。 別途別記事でそれについては説明しますがog:titleなどのSNS用のタイトルなどもあります。

タイトルでキーフレーズを使用する方法

競合性の高いキーワードを狙う場合、 ほかの競合もタイトルタグの先頭にそのキーワードを設定しています。 その場合、フォーカスキーワード(めっちゃ狙いたいキーワード)の前に1つまたは2つの単語を配置して、結果をわずかに「インデント」して、目立つようにすることができます。

非常に長いキーフレーズがある場合など、冒頭に完全なキーフレーズを追加しても意味がない場合もあります。タイトルが冒頭にあるキーフレーズのせいで不自然に見える場合は、タイトルの先頭に、できるだけ多くのキーフレーズを追加してみてください。ただし、文章の自然な流れと読みやすさに常に注意してください。

ブランド名や会社名をタイトルタグに追加する必要があるのか?

以前、タイトルからサイト名を除外するのが流行った時期がありました。これは以前一部のSEO業者の間でタイトルの「密度」が重要であり、サイト名はそれには役立たないという考えが出てきたからです。この考えは以前は理にかなっている考え方でした。できるだけ無駄なキーワードを入れず自分が狙っているキーワードのみで文章を作成するという考え方です。ただし現在はこれを推奨しません。タイトルにはできればブランド名や会社名を含める必要があります。 ユーザーがトピックを検索してあなたのブランドや会社、サービス名を何度か目にした場合、最初はクリックしなくても、2ページ目や3ページ目であなたのブランドを見つけたときにクリックする可能性があります。

SEO タイトルにサイト名を含めないと、Google がスニペットを自動的に変更してしまう危険性もあります。

ページやコンテンツを公開した後の調整

少し前の私の経験ですが、Googleアナリティクスのデータを見ていると、「画像 SEO対策」で上位にランクインしているものの、トラフィックがあまり多くないことに気付きました。タイトルとメタディスクリプションを最適化したところ、 画像SEO対策記事のトラフィックが45%以上増加しました。しかもタイトルとメタディスクリプション変更後すぐに、この傾向を観察することができました。

変更内容はかなり単純で

タイトルを「画像 SEO対策」から→「【SEO内部対策】画像SEO~検索エンジン向けに画像を最適化する | SEO対策のプロフェッショナル」
上記のように変更しました。

この変更は必ずしもこの記事のランキングを向上させるわけではありません。
味気のないキーワードのみを羅列するよりも、 よりユーザーにとって魅力的であり何のページかわかりやすくするために設定する必要があります。
結果順位はあまり変わらなかったですが多くのクリックにつながりました。

Googleは常にタイトルタグを重要視するとは限らない

2021 年 8 月、Googleは、検索結果スニペットでタイトルを生成する方法に関する更新 を発表しました。 これは、設定したタイトルとは異なるタイトルが検索結果に表示される場合があることを意味します。 この発表はありましたが依然として、タイトルタグに設定しているタイトルが最も使用される可能性が高いことは頭に入れておいてください。

ここで更新について話していますが、Google が検索結果に SEO タイトルを表示する方法を決定することは新しいことではありません。Googleはあなたのページ上のさまざまな要素を使用して、検索結果に表示されるタイトルを決定します。 タイトルタグ、見出し、ページ上の目立つテキスト、さらにはこのページへの内部リンクなどの要素を使用しタイトルをGoogleが決めます。私のサイトでもその現象が起こっているページがあります。

<title>SEO対策 熊本 | SEO対策のプロフェッショナル</title> 上記のようにタイトルタグを設定しているページがあるのですが実際検索結果に表示されるのは下記の画像のように表示されています。 
検索結果
検索結果

見てわかるようにサイト名が省略されています。

これは何を意味するのでしょうか? 現時点では、これらの変更によって何かを変更する必要はありません。 設定したタイトルタグは引き続き使用される可能性が高く、さらに重要なことに、タイトルはキーワードのランク付けに役立ちます。 これらの変更は、ページのランキングには影響しません。 あなたが与えるタイトルは、あなたのページのランク付けを決定する際にGoogle が参照するものです。

しかし、これらすべての変更により、Googleが最も重要なページのタイトルをどのように表示するかを調査し観察することも重要です。だから当面の間、サイトの状況を監視することをお勧めします。Google Search Consoleを監視し、検索結果をスポット的にチェックして、重要なページのクリック率と直帰率の変化に注意するようにしましょう。 何か問題がある場合 (または完全にGoogleが間違っている場合) は、この フィードバック スレッド を使用することでGoogleに直接問題のフィードバックを行うことができます。

【まとめ】タイトルタグを上手に調整しよう!

結論として、この記事の主なポイントは良いタイトルを書くためには少し時間を費やし最適化を行うことは無駄ではないということです。 それは本当に価値があると私は思います。 もしすでに公開されている記事やコンテンツがある場合も見直しを行いタイトルタグのいくつかを最適化することも価値があるかもしれません。これは、すでに狙っているキーワードで上位にランクインしているが、あまり多くのクリックを獲得していない場合に特に有効な手法と思います。

皆様のSEO対策がうまくいきますように。

SEO対策を依頼するなら弊社にお任せください。
最新のSEO対策サービスを提供します。