【SEO内部対策】画像SEO~検索エンジン向けに画像を最適化する

SEO対策ならSEOコンサルティンググループのSPL|【SEO内部対策】画像SEO~検索エンジン向けに画像を最適化する
SEO対策ならSEOコンサルティンググループのSPL|【SEO内部対策】画像SEO~検索エンジン向けに画像を最適化する
内部SEO対策>画像のSEO対策

あなたがブロガーであろうと、オンラインマガジンや新聞の記事を書いていようと、記事に画像が必要かどうか疑問に思うことがあるでしょう。 答えは常に「Yes」です。 画像は記事に命を吹き込み、ウェブサイトの SEO にも貢献します。 この投稿では、SEO 用に画像を完全に最適化する方法を説明し、最高のユーザー エクスペリエンスを実現するために画像を使用するためのヒントをいくつか提供します。

常に画像を使用する

画像を正しく使用すると、読者が記事をよりよく理解するのに役立ちます。 「百聞は一見に如かず」という古いことわざはおそらく Google には当てはまりませんが、1,000 のつまらない言葉にスパイスを加えたり、グラフやデータ フロー ダイアグラムで意味を説明したり、単にソーシャル メディアの投稿はより魅力的です。

これは単純な推奨事項です。記事を書くたびに画像を追加して、記事をより魅力的にすることです。 さらに、ビジュアル検索はますます重要になってきているため (検索の未来に対する Google のビジョンに 見られるように) 、かなりの量のトラフィックが得られる可能性があります。 また、ビジュアルコンテンツがある場合は、画像SEOをやることリストの上位に置くのが理にかなっています。

少し前に、Google 画像検索に新しいフィルター、メタデータ、さらには帰属表示を備えたまったく新しいインターフェースが導入されました。 これらのクールな新しいフィルターは、Google が画像の内容と、その画像がより大きなコンテキストにどのように適合するかをますます認識していることを示しています。

適切な画像を見つける

ストックフォト(フリー素材)よりもオリジナルの画像、つまり自分で撮った写真を使用する方が常に優れています。
記事には、その主題に関連する画像が必要です。

画像は、投稿のトピックを反映するか、記事内で説明する目的を持っている必要があります。 また、関連するテキストの近くに画像を配置するようにしてください。 メインの画像またはランク付けしようとしている画像がある場合は、無理を感じずに可能であれば、それをページの上部に保持するようにしてください。

これらすべてには、単純な画像 SEO の理由があります。関連するテキストを含む画像は、最適化されたキーワードで上位に表示されます。 この記事の後半で画像 SEO について説明します。

画像がない場合の代替案

使用できる元の画像がない場合は、他にもユニークな画像を見つけて、ストック フォトを避ける方法があります。 Flickr.com は、Creative Commons の画像を使用できる優れた画像ソースです。 使用する場合は著作権は素材提供者の元に帰属することを忘れないでください。 しかし、どのような写真を流用しようが、SEO的には自分で撮った写真や自分で制作した写真に勝るものはないと認識してください。

記事で使用する画像の準備

写真、イラスト、グラフなど、適切な画像を見つけたら、次のステップは、Web サイトで使用できるように最適化することです。
そのため、画像を追加する前に、次のことを考慮する必要があります。

適切なファイル名を選択してください

画像SEOはファイル名から始まります。 画像を見なくても Google に画像の内容を知らせたい場合は、画像ファイル名にフォーカスキーフレーズ(SEOで狙いたいキーワード)を使用します。 簡単です。東京タワーに関する記事を書いていて、東京タワーがライトアップされた画像を使用する場合、ファイル名は IMG18271.jpgであってはなりません。 適切なファイル名は tokyo-tower-lit-up.jpg で、写真 (および記事) の主な主題がファイル名の先頭にあることを確認してください。

適切な形式を選択する

画像の場合 適切な形式は存在しません。 画像の種類と使用方法によって異なります。 つまり、次のことをお勧めします。

  • 大きな写真やイラストには JPEG を選択してください。比較的小さいファイル サイズで、色と鮮明度の点で良好な結果が得られます。
  • 画像の背景の透明度を維持したい場合は PNG を使用してください。
  • または、JPEG と PNG の代わりに WebP を使用します。 小さいファイル サイズで高品質の結果が生成されます。 CloudConvert などのツールを使用して、画像を WebP に変換できます。
  • ロゴとアイコンには SVG を使用します。 CSS または JavaScript を使用すると、SVG 形式の画像を管理できます。SVG形式を使用することで品質を損なうことなく画像のサイズを変更できます。

適切な名前と形式を選択したら、画像のサイズを変更して最適化します。

画像SEOの規模

読み込み時間は、UXとSEOにとって重要です。
最適化されて高速であるほど、検索エンジンがページにアクセス (およびインデックス) しやすくなります。 画像は読み込み時間に大きな影響を与える可能性があります。特に、巨大な画像をアップロードして非常に小さく表示する場合 (たとえば、3000×2000ピクセルの画像を 300×200ピクセルのサイズで表示する場合) は、画像全体を読み込む必要があるためです。 そのため、画像を表示する方法に合わせてサイズを変更します。WordPress は、アップロード後に画像を複数のサイズで自動的に表示サイズを最適化する機能があるので、ワードプレスの場合は比較的作業がしやすいです。 残念ながら、これはファイルサイズも最適化されているという意味ではなく、画像の表示サイズにすぎません。画像をアップロードするサイズについてはよく考えてみてください。

レスポンシブ画像を使用する

これは SEOにも不可欠です。バージョン 4.4 からデフォルトで追加されたので、WordPress を使用している場合は自動的に実行されます。

ファイルサイズを縮小

画像SEOの次のステップは、スケーリングされた画像が圧縮されていることを確認して、可能な限り最小のファイル サイズで提供されるようにすることです。
画像を最適化したら、 Google PageSpeed InsightsWebPageTest.orgPingdomなどのツールを使用してページをテストできます。

記事に画像を追加する

Google は画像の内容を認識する能力を向上させていますが、まだその能力に完全に頼るべきではありません。 その画像のコンテキストを提供するのはあなた次第です。できるだけ多くの情報を入力してください。 以下でその方法について説明します。

画像はすぐに使用できますが、記事のどこかに放り込むだけではいけません。 前述のように、関連するテキスト コンテンツの近くに追加すると非常に役立ちます。 画像がテキストに関連するのと同じように、テキストが画像に関連していることを確認します。これは、ユーザーと Google が好むものです。

キャプション

画像キャプションは、ページ上の画像に付随するテキストです。キャプションが画像SEOにとって重要なのはなぜですか? 人々が記事をスキャンするときにそれらを使用するためです。 Web ページをスキャンするとき、人々は見出し、画像、およびキャプションをスキャンする傾向があります。
すべての画像にキャプションを追加する必要がありますか? 答えはそうではありません。画像が他の目的に役立つ場合があるためです。 SEO にも使用するかどうかを決定します。 過剰な最適化を避ける必要があることを念頭に置いて、キャプションは訪問者にとって意味のある場所にのみ追加する必要があります。 最初に訪問者のことを考え、画像 SEO の目的だけでキャプションを追加しないでください。

altタグの追加

altテキスト (または alt タグ) が画像に追加されるため、何らかの理由で画像が訪問者に表示されない場合に説明テキストが配置されます。
代替テキストは、Web サイトのアクセシビリティを向上させるためにあります。 そのため、使用する画像には必ず代替テキストを追加し、必要に応じてそのページの SEO キーフレーズを含めることを検討してください。 すべての画像の代替テキストにキーワードを詰め込まないでください。 最も重要なことは、画像の内容を説明して、検索エンジンと人々の両方がそれを理解できるようにすることです。 画像の関連情報が多いほど、検索エンジンはこの画像を重要と見なします。
ただし、すべての画像に代替テキストが必要なわけではないことに注意してください。 代わりに、代替テキストをコンテンツの一部と考えて、意味のある場所に追加する必要があります。 たとえば、純粋に装飾的な理由で画像がある場合、その画像に代替テキストは必要ありません。 この場合、代替テキストを使用しても、読者に何の価値ももたらされません。

画像構造化データを追加する

ページに構造化データを追加すると、検索エンジンが画像をリッチリザルトとして表示できるようになります。
Googleは、構造化データはSEO的にランクを上げるのに役立たないと言っていますが、画像検索でより肉付けされたリストを表示するのに役立ちます。

XML 画像サイトマップ

Web開発者であれば、XML画像サイトマップについて疑問に思うかもしれません。
Googleは下記のように見解を述べています

“Additionally, you can use Google image extensions for sitemaps to give Google more information about the images available on your pages. Image sitemap information helps Google discover images that we might not otherwise find (such as images your site reaches with JavaScript code), and allows you to indicate images on your site that you want Google to crawl and index.”

“サイトマップにGoogle画像拡張機能を使用して、ページで使用できる画像に関する詳細情報を Google に提供できます。画像サイトマップ情報は、他の方法では見つからない可能性のある画像 (JavaScript コードでサイトに到達する画像など) を Google が検出するのに役立ち、Googleにクロールしてインデックスに登録してもらいたいサイト上の画像を示すことができます。”

私にも時々、XML画像サイトマップについて質問されることがあります。これらはプラグインでは生成されませんが、Googleのアドバイスに従い、ページまたは投稿サイトマップに含めます。画像SEOを改善するには、必ずXML画像サイトマップを利用してください。

画像SEO対策まとめ

画像SEOは、いくつかの要素の合計です。 Google による画像内の要素の認識が日々向上しているため、画像とそのすべての要素が優れたユーザーエクスペリエンスとSEOに貢献していることを確認することは理にかなっています。 Google をだまそうとするのではなくあなたのサイトや記事に適した画像SEO対策を行うことが大切です。

記事に画像を追加するときは、次の 12 の点に注意してください。

  • テキストに一致する関連画像を使用する
  • 画像に適したファイル名を選択してください
  • 画像の寸法が表示されている画像サイズと一致していることを確認してください
  • もし可能ならsrcset使用
  • ファイルサイズを小さくして読み込みを高速化
  • ページを簡単にスキャンできるように、必要に応じてキャプションを追加します
  • 画像の代替テキストを使用します。 タイトルテキストはいらない
  • 画像に構造化データを追加する
  • 画像に OpenGraph タグと Twitter カード タグを追加する
  • XML サイトマップで画像を使用する
  • CDN 経由で画像を提供する
  • できる限りすべてのコンテキストを提供してください!

画像は、SEO とユーザー エクスペリエンスに貢献するだけでなく 、コンバージョンにも重要な役割を果たし ます。 サイトでの画像 SEO の重要性を過小評価しないでください。