ドメインとは?ドメイン名とSEO への影響

ドメインとは?ドメイン名とSEO への影響
ドメインとは?ドメイン名とSEO への影響
ドメインとは?ドメイン名とSEO への影響

ドメイン名が SEO に与える影響について質問を受けることがよくあります。SEOへの 関係はありますか? ドメイン名に製品名などのキーワードを含めることは役に立ちますか?ドメイン名の影響は国や地域ごとに異なりますか?1 つのサイトに複数のドメイン名を使用するとメリットはありますか?この記事では、これらすべての質問に答えます。

ドメインとは?

最初から始めましょう。 ドメイン名はエイリアス(エイリアスとは、ファイル等の実体を別の名前で参照するシンボル及び機能のことです。 元々は「偽名、別名、通称」などの意味を持つ英単語で現在は様々な場面でIT用語として使われています)です。ドメイン名はWeb サイトを構築したインターネット上の特定の場所に人々を誘導する便利な方法です。

通常、ドメイン名は 1 つまたは複数の IP アドレスを識別するために使用されます。 私たちのドメイン名は tsujigawa.com です。

ここでは意図的に「.com」を含めていることに注意してください。 「ドメイン名」という言葉の最も一般的な使用法には、そのトップレベル ドメインが含まれると考えています。

私のサイトを見ても気づくと思いますがドメイン名の前に「www」という接頭辞が付いています。 これは、実際のドメイン名は tsujigawa.com ですが、 「www」はサブドメインといわれるもので、サブドメインを使う理由としては同じドメイン上でコンテンツの内容が大きく違うサイトを同じドメインで持ちたい時などに使用されます。私は10年以上前からこのサイトで「www」を使っているので様々な理由があり変更していませんが、最近では、ドメイン名の前に「www」を追加することはなくなりました。 これは不要です。URL が長くなるだけでメリットがありません。だから新しくサイトを構築される方や、サイト立ち上げて日が浅いサイトなどは「www」は省略してください。

トップレベルドメイン (TLD)とは?

「tsujigawa」は明らかに私たちのブランドや名前を表すものですが、ドメイン名の「.com」の部分は TLD (またはトップレベルドメイン) と呼ばれます。
インターネット黎明期:

  • .com は米国企業を対象としていました
  • 非営利団体向けの .org
  • 学校や大学向けの .edu
  • 政府の Web サイトの場合は .gov のように使われていました。

しかし、これは 1985 年くらいの時の話です。それ以来、状況はかなり変化しています。日本の場合、jpや.co.jpなどを使用します。しかし、多くの企業は、jpや.co.jpなどのドメイン名がすでに使用されているときに .com を使用したりもします。

最近では、.tokyo や .shop などの TLD が利用可能です。 Automattic は 2015 年に .blog を買収しました。.pizza などの面白いトップレベルドメインもあります。しかし、今あげた例はほんの一部で現在では、あらゆる種類の TLD を見つけることができます。多くのテック スタートアップや SaaS 企業は、.com や .net などの「従来型」の TLD ではなく、.io を TLD として選択するのが最近の流行りだったりします。

利用可能な TLD のリストは、IANA (Internet Assigned Numbers Authority) によって更新および管理されています。この種の TLD を総称 TLD と呼びます。

ジェネリック TLD

SEO の観点からみた場合、TLDは1つだけ使用することをお勧めします。 また、ほとんどの場合、.com、.net、.biz などの一般的なオプションを選択することをお勧めします。

あなたのビジネスが非常に競争の激しい分野にある場合は、いくつかの一般的な TLD を購入することをお勧めします。 これは、他の誰かがあなたのブランド名でウェブサイトを構築するためにそれらを使用しないようにするためです。あなたのウェブサイトが 【何かしらの会社名やサービス名.com】で、誰かが【何かしらの会社名やサービス名.net】を始めたらイライラしますよね?しかし、ほとんどの場合、それは必要ないかもしれません。 したがって、これが必要かどうかはあなた次第です。

ジェネリック TLD を使用すると、ドメイン名をもう少しクリエイティブにすることができます。 可能性のいくつかの楽しい例: ohanayasan.tokyo(お花屋さん東京)、love.tokyo(東京愛してる)、search.site(サイトを検索するサイトとかにつけると面白いですね)など… ブランドに合う場合は、これを試してみてください。 ただし、.comなどで構成されたドメインあれば誰もがそれがドメインだと気づくことができますが、まだ一般的でない奇抜なTDLで構成されたドメイン名をポスターに載せたり、どこかに表示したりするときは、それがドメインでありウェブサイトについて話していることを言及することをお勧めします。これにより、人々はそれがアクセスできるウェブサイトであることがわかります。

国コード TLD (ccTLD)

.jp TLD については前述にも出てきましたが、これらの種類の TLD は、 国コード または 国固有の TLD と呼ばれます。

多くの国コード TLD は「非公開」です。つまり、それらの国に住んでいる、または居住している人のみに制限されています。 たとえば、オーストラリアの .au や英国の .uk などもそうで「クローズド」ccTLD と見なされます。 しかし、多くの一般的な TLD の人気を見て、一部の国では TLD を開放して誰でも登録できるようにしています。

国コードTLDまたは一般TLDどっちがおすすめか?

ドメイン名の国コードまたは一般的な TLD の選択は、Web サイトの目的によって異なります。 たとえば日本など、特定の場所や国をターゲットにする場合は、.jp を選択するのが理にかなっています。 あなたの会社やサービスが実際に日本市場にいることを人々に伝え、訪問者が持つかもしれない混乱を取り除きます。

一方、.com のような一般的な TLD を選択しても、.jp を使用する他の日本の Web サイトと問題なく競合できます。 それは、サイトが提供するコンテンツ、製品、およびユーザー エクスペリエンスに関するものであり、選択した TLD に関するものではありません。 さらに、幅広い国際的な聴衆にサービスを提供したい場合、またはビジネスを外国に拡大する予定がある場合は、.comなどの一般的なTLDがはるかに優れた選択肢です。

多言語のサイトは国コード TLD またはサブディレクトリ?

Web サイトが複数の言語に対応している場合、最適なソリューションは何か疑問に思うかもしれません。 自分のサイトが日本語と韓国語で構成された多言語サイトの場合、domain.com/jp/ と domain.com/kr/ (サブディレクトリまたはサブフォルダー) または domain.jp と domain.kr ( 国固有の TLD を使用) のどちらにする必要があるかなど悩みますよね。

SEOを考えた場合、サブディレクトリを使用する方が理にかなっています。 サブディレクトリを使用すると、すべてのリンクが同じドメインでつながります。 メインドメインが 1 つあるため、マーケティングが容易にもなります。 また、取得するすべてのバックリンクも、そのメインドメインに関連付けられることになります。 サブディレクトリごとに言語の違いがある場合は、 hreflangタグをページに付けて、Google にそのことを伝えます。

ドメインの年齢は SEO に影響しますか?

ドメインの 年齢 (ドメインがすでに存在している期間を指す) は、以前ほど SEO にとって重要ではありません。 全く関係ないと言う人もいるかもしれません。 今日では、コンテンツ、技術的な設定、ユーザー エクスペリエンス、そして Google で人々が使用するクエリに Web サイトがどれだけうまく答えるかが重要になっています。 クエリでランク付けするには、最高の結果である必要があります。

実際のところ、Google の John Mueller は 2017 年に、ドメインの年齢は問題ではないことを確認しました。

John MuellerのTwitter

このようにドメインの年齢自体はランキングに影響しない場合があります。 しかし、古いドメインにはかなりの量の被リンク、検索結果ページでの既に評価されたページのランキングなどが含まれている可能性があります。そして明らかに、 それは新規に立ち上げたサイトではなかなか得るまでに時間がかかるランキングに影響を与える可能性があります。

Exact Match Domain (EMD) はランキングの優位性をもたらすのか?

例えば私はSEO対策業者で【日本一 SEO】というキーワードで検索上位を狙っているとします。そしてnipponichi-seo.com を私は取得します。 これは完全一致ドメイン名の例です。以前はこれでランキング上位を狙えた時期が実際にありました。

2012 年に、Google は現在 EMD アップデート と呼ばれるものを導入しました。 Google はアルゴリズムを変更して、そのようなドメイン名を使用する Web サイトに対して、キーワードがドメイン名に含まれているという単純な事実だけでランク付けされないようにしました。

では、この更新後も、キーワードを含むドメイン名を使用するメリットはあるのでしょうか?ほとんどの場合、答えはメリットはありません。

ドメイン名に特定のキーワードは必要ありません。 私もキーワードなど一切含まないドメインでこのサイトを構築していますが、特定のキーワードまたはトピックを対象とするコンテンツを作成した方が、ドメイン名に完全一致のキーワードを含むサイトよりも上位にランク付けできます。

しかし、EMD を中心にブランドを構築することができ、それで多くのトラフィックを獲得している場合は、そのままそれを運用してください。それはあなたのブランディングが一流でありコンテンツの構築の仕方がGoogleやユーザーに求められている証拠です。

ブランディングに関連するドメイン名

EMD の更新後、ブランディングがさらに重要になりました。 ドメイン名にキーワードを入れるだけではなく、ドメイン名でブランドに焦点を当てる方がはるかに理にかなっています。

たとえば、 cocacola.jp、apple.com、または google.com をもちろんご存知でしょう。 それはすべてブランドや会社名に関するものです。 それは人々が簡単に覚えられるものであり、あなたをユーザーや競合から際立たせるものになります。

実際、Google の John Mueller も、その件について下記のようにredditで言及しています。

Google の John Muellerのredditの発言

翻訳するとこのような内容になります。

変わりはない。 また、sabertoothed-hedgehog.com を使用した場合も違いはありません。 長期的に構築できるドメイン名を選択してください。 今はウェブデザインをしているかもしれませんが、5年後、10年後は何をしていますか? あなたが成長できるものを選ぶか、あなたが構築でき、人々があなたを直接見つけることができるブランドのようなドメイン名を使用してください(それが私の推奨事項です).

サブビジネスのアイデア用に個別のサイトを作成するのは面倒で、サイトを統合するのはさらに面倒で、ドメインを移動するのは面倒です。 これらのことはすべて、多くの時間、いくらかのお金などがかかります。 より長く保管したいものを選ぶと、ゆとりが生まれます。 ドメイン名にキーワードを含めることによる秘密の (または公開の) SEO ボーナスはありません。

(そして、「しかし、上位にランク付けされているキーワード ドメインがあります」と表示されている場合は、もちろん、キーワードが含まれるドメインでも上位にランク付けできます。ただし、他のドメイン名でも上位にランク付けできますが、ドメインはそうではありません。 キーワードが含まれているからといって、上位に表示されることはありません。)

https://www.reddit.com/r/SEO/comments/sta8hd/comment/hx2ml16/?utm_source=share&utm_medium=web2x&context=3

新しいビジネスを始めるときは、ブランドがユニークで、適切なドメイン名が利用可能であることを確認してください。 これが、複数のジェネリック TLD または国別コード TLD を主張する理由になる可能性があります。他の誰もそれを主張しないようにするためです。

通常、(既知の)ブランドの方が覚えやすいと述べました。 同じ理由で、短いドメイン名またはキャッチーなドメイン名を使用することをお勧めします。

同じ Web サイトに複数のドメイン名を構築することはありか?

複数のドメイン名を取得し、すべてのドメインをメインのドメイン名に 301 リダイレクトすることにメリットがあると思いますか? ブランディングに関しては:メリットはありません。

同じウェブサイトに複数のドメイン名を積極的に使用する唯一の正当な理由は、オフラインマーケティングと、場合によってはオンラインマーケティングです。 個別に宣伝したい特定のプロジェクトやキャンペーンがウェブサイトにある場合、トラフィックをウェブサイトの適切なページに直接誘導するために、2 番目のドメイン名が役立つことがあります。

前述のように、複数のドメイン名を自由に登録できますが、Google 混乱させないように注意してください。 それに加えて、同じ Web サイトに複数のドメイン名を積極的に使用すると、Web サイトへのリンクが拡散されます。 サブディレクトリのセクションでも述べたように、それはあまり良いことではなくできれば分散させず一極に集中するように構築することをお勧めします。

ドメインオーソリティ、ドメインレーティングとは?

これらの概念に言及し、明確にする必要があると感じています。 ドメインオーソリティ(権威性)、ドメインレーティング(評価)、またはオーソリティ スコアの概念については、おそらく知っているか聞いたことがあるでしょう。 これらは、人気のある SEO ソフトウェアプロバイダーによって開発された指標です。

  • ドメインオーソリティ: Moz によって開発されました。 これは、Web サイトが検索結果ページでどの程度ランク付けされるかを予測するスコアです。
  • ドメインレーティング: Ahref によって開発されました。 この指標は、ウェブサイトのバックリンクプロファイルの相対的な強度を示します。
  • オーソリティ スコア: Semrush によって開発されました。 この指標は、ドメインまたは Web ページの全体的な品質と SEO パフォーマンスを測定するために使用されます。

基本的に、これらの指標は、多くの要因に基づいて Web サイトの品質を定量化することを目的としています。 それらにはすべて共通点が 1 つあります。それは、スコアの計算にサイトのバックリンクプロファイルが含まれていることです。 Ahrefによるドメイン評価指標の場合、指標となる要素は純粋にリンクベースです。

これらはいずれも、Google が使用するランキング要素ではないことを理解する必要があります。 それらは、それらを使用するソフトウェア固有の指標です。 Google はこれらの指標を使用していませんが、SEO戦略の基準点として参考にすることはできます。 ただし、これらの指標の作成方法や計算方法に欠陥がある可能性があるため、盲目的に依存しないでください。

ドメインに関する質問への回答

ドメインはSEOへの関係はありますか

キーワードや固有名詞がドメインに入っていても特別なメリットやボーナスはありません。
それよりもブランディングと良質なコンテンツを作成していくことを心がけてください。

ドメイン名に製品名などのキーワードを含めることは役に立ちますか?

ドメイン名に製品名などのキーワードを含めたとしてもSEO上のメリットはありません。ユーザービリティやユーザーエクスペリエンスを加味してそれを行うのであればそれはSEO上メリットをもたらす可能性はあります。

ドメイン名の影響は国や地域ごとのTDLで差があるか?(国コードTLDまたは一般TLDどちらがいいか)

SEO上は特に影響はないですが、あなたがその地域に絞ったサービスや製品を提供しているのであれば国コードTLDを使用した方がユーザーの混乱を避けることができます。また幅広い国際的なユーザーにサービスを提供したい場合、またはビジネスを外国に拡大する予定がある場合は、.comなどの一般的なTLDがはるかに優れた選択肢だと思います。

ドメインの年齢は SEO に影響しますか?

Google の John Muellerが述べた通り現在では昔のようにドメイン年数が長いという理由だけで検索順位に影響をもたらすような特別なボーナスはありません。良質なコンテンツを作りユーザービリティ、ユーザーエクスペリエンスの向上に焦点を置きましょう。

1 つのサイトに複数のドメイン名を使用するとメリットはありますか?

SEO上メリットはありません。個別のプロジェクトやキャンペーンがあり、個別に宣伝したい場合などはトラフィックをウェブサイトの適切なページに直接誘導するために、複数のドメイン名が役立つことがあります。リンクを濃くするためにも特別な理由がない限り単一のメインドメインで運用することをお勧めします。